三角座ときりん座。

三角座ときりん座には伝説がありません。

とりあえず「いわれ」はあります。

三角座は三角定規をあらわした星座で、紀元前1200年の古代ギリシャ時代にはすでに知られていた星座だそうです。

ギリシャ文字のデルタに似ているため、「デルトトン」とよばれていたそうです。

エジプトではナイル川の「デルタ=三角州」、または「ナイルの家」といったそうです。

キリン座は最近できた星座です。

十七世紀初頭、オランダの地図制作者ペトラス・プランシウスによって作られた星座とされ、その後ドイツの天文学者ヤコブ・バルチウスによって一般に広められました。

最初は動物の「らくだ」座とされていましたが、バルチウスの死後、出版された星図に間違いがあり「きりん」座となったそうです。

その後、訂正される事が無かったため、きりん座で定着したそうです。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp