ペルセウス座の伝説。

ペルセウス座のお話です。

ペルセウス座のそばには、ケフェウス座、カシオペア座、アンドロメダ座、ペガサス座とペルセウスの神話に登場する人物がたくさんいます。

ペルセウス座は、メデューサの首を左手にもった姿で描かれており、アルファはペルセウスの胴の部分にあるアルゲニブ、ベータはメデューサの頭の部分にあるアルゴールとして知られています。

アルゴールは変光星として有名で、アラビアに伝わる夜中に墓を暴いて喰う魔物の名前ですが、ギリシャに天文が伝わった後、メデューサの神話からつけられたともされています。


「ペルセウスの伝説」

ペルセウスはアルゴス王アクリシオスの娘ダナエーの子です。

アクリシオス王は男の子を得たいと考え、神託を求めた所、彼の娘から生まれた子供に殺されると神託を受けました。

王はこれに恐れ、青銅の部屋をつくり、娘のダナエーを閉じ込めました。

一説には叔父のプロイトスがダナエーを犯したともされていますが、一般には、ゼウスが黄金の雨に身を変じ、屋根からダナエーの膝に滴り落ち、身ごもらせたとなっています。

青銅の部屋でペルセウスを生んだダナエーは乳母とともに密かに赤ん坊を育てていましたが、アクリシオス王に発見され、ダナエーは赤ん坊のペルセウスとともに、箱に入れられ海へ流されました。

箱はセリーポス島に漂着し、二人は島の王の弟ディクティスに助けられました。

ペルセウスはそこで島一番のスポーツに長けた青年に成長しましたが、島の王ポリュデクレースは母ダナエーに恋をし、彼女に近づくため、多くの人とともにペルセウスとダナエーを宴に招きました。

宴で、「王は自分に献上するなら何がふさわしいか?」と尋ねました。

他の人々は名馬がふさわしいと答えたのですが、ペルセウスは求められればゴルゴーンの首でも否とは言わないと高言したため、王にゴルゴーンの首を持って来るよう命じられたのでした。


ペルセウスは、アテナとヘルメスに導かれ、まずゴルゴーンの姉妹の所へ向かいました。

この姉妹は、ボルキュスの娘たち「グライアイ」と言われる三姉妹で、エニューオー、バムブレードー、デイノーと言う名前で、三人で一つの歯と一つの目しかありませんでした。

ペルセウスはこれを奪い、彼女達からニンフたちの所への道を教えるようせまりました。

そして道を聞くと、目と歯を返し、ニンフたちのもとへと行きました。

ペルセウスは、そこでニンフたちから、翼のある空飛ぶサンダル、キビシスと称する袋、かぶれば体が見えなくなる帽子を借り、ヘルメスからダイアモンドの鎌を与えられました。

そしてそこから西の果て、オーケアノスへ飛び、そこへゴルゴーン達が眠っているのを見つけました。

ゴルゴーンはステンノー、エウリュアレー、メデューサの三人で、メデューサのみ不死ではありませんでした。彼女たちは恐ろしい怪物で、見たものは石になりました。

ペルセウスはアテナに導かれ、三人が眠っている所を、顔をそむけて青銅の楯に映った姿を見ながら近づき、メデューサの首を切り取り、キビシスの袋に入れ、見えなくなる帽子をかぶりました。

メデューサの悲鳴で起きたステンノー、エウリュアレーの姉妹はペルセウスを追いましたが、見つける事が出来ませんでした。

こうしてペルセウスは、ゴルゴーンの一人メデゥーサの首を得て、母の元へ急いだのでした。


新着「アンドロメダ座の伝説」 へ、つづく。


 
 
Google
Web pleasuremind.jp